So-net無料ブログ作成
検索選択

介護:接遇・クレーム対応予防研修 [医療・介護・福祉:受講生さまのアンケート]

人との良い関係を築く為にも接遇マナー研修を受けさせて頂き、大変良かったと思っています。心使いは誠実に接することが基本姿勢と思っています。それにともなう礼儀は(接遇マナーができれば)もっと人に対して心使いの充分さが伝わり、よい印象が伝わることを教えて頂きました。特に敬語の使い方は勉強になりました。日常、使いなれてないので、うまく使うことは難しいと思いますがなれれば自分の物になると信じています。心理学的な要素があるように思い、とても興味深く、家族にも話し、コミュニケーションできました。クレームの対処方法、利用者さんと心穏やかに過ごせるヒントを確信いたしました。

講師より:
研修、お疲れさまでした。
アンケートにご記入くださり、ありがとうございます。

施設が研修の機会を設けてくださってよかったですね。

誠実に接することは、利用者さまやご家族に限らず、
全ての方に対して大切なことですね。

その気持ちが言葉や態度に自然に表われ、
相手に伝わるのではと思います。

敬語は基本をおさえ、
自分が覚えたことや遣いやすい言葉から順に遣う練習をしていきましょう。
そうしていくうちに、慣れてきますよ。

他の内容では、心理学の応用のお話もし、体感していただきましたね。
興味をおもちくださり、嬉しく思っています。

ご家族にもお話され、
コミュニケーションがはかれてよかったですね。
ご家族と、楽しくお話できましたか?

クレーム対応・予防方法も、
しっかりとしたコミュニケーション法の基礎・応用の上に、
私が利用者家族として、介護現場で客観的に実際に見、
経験してきたことも実務経験として重ねていますので、
介護職員さん側・利用者さんご家族側 両面からのアドバイスを重ねています。

さまざまなヒントから得たことを、 ご自分のスキルにし、
現場やご自身の生活などに ぜひ、お役立てくださいね。

皆さまが、利用者さん・ご家族・職員さん・・・
さまざまな方との信頼関係を構築しながら、、
現場で楽しくお仕事ができ、
たくさんのやりがいが掴めますように…。

応援していますよ。