So-net無料ブログ作成
検索選択

病院:医療接遇・内部組織構築コミュニケーション・チームワーク力向上研修 [医療・介護・福祉:受講生さまのアンケート]

日本語の難しさは常々感じていました。相手に対して自信をもって言える言葉がみつからず、いつも後手後手になってしまう時もありました。とてももったいない事で、チームとして連携をとるのもかなりのマイナス要因となっていました。こういった研修を行う事で、チームとして気持ちよくお互いの良い考えを取り入れ合いながら、気持ちを1つにして働く為の一歩となるのではと思います。

講師より:
研修、お疲れさまでした。
アンケートにご記入くださり、ありがとうございます。

普段から、言葉についてお考えだったのですね。

問題意識をお持ちの場合、
きっと日々、よりよい方法を考えようとなさると思うので、
ご自身でコミュニケーション力を伸ばしていかれることでしょう。

患者さま・ご家族に対してだけでなく、
職員さん同志の会話もそれは同じですものね。

チームで仕事をしていく上で、
報告・連絡・相談・説明・忠告…
いろいろなシーンで相手のことを考えた上で、
言葉を選んで遣っていきましょう。

相手に自信を持ってもらえることも考えてくださっているご様子、
きっとまわりの職員さんのモチベーションも
高めてくださっていることでしょう。

毎日忙しい職場で大変だと思います。
もし、可能であれば、できれば、これからも各チーム間・他業種間で
コミュニケーションがとれる時間が作れるとよいですね。

お書きくださっているとおり、 皆で気持ちをひとつにして
進めていくことも目的としましょう。

アイデアを出し合い、お互いの業務がより
スムーズに進み、
皆さんが気持ちよくお仕事ができるようにと願っています。

のちに、相乗効果により 、患者さま・ご家族にも
よい影響が期待できることでしょう。

これからも、できることから前向きに取り組んでいきましょうね。

応援していますよ。


共通テーマ:仕事