So-net無料ブログ作成

病院:接遇研修 [医療・介護・福祉:受講生さまのアンケート]

・大変勉強になりました。ありがとうございました。私はいつも面会に来られた家族の方々にどういった言葉がけがいいのかと考えていました。今回の研修でそのようなお話もあり、声かけをして安心して任すことのできる病棟にしたいと思います。
・一方的な講義だけの研修ではなく、いつ質問があたるかどきときスリル満点、眠気もさす間がなかったようです。改めて研修を受けさせていただきまして、再度、病院スタッフの一員としての自覚をもって心ある礼儀正しい接し方ができるよう心掛けて仕事に取り組んでいきたいと思っております。ありがとうございました。

講師より:
研修、お疲れさまでした。
アンケートにご記入くださり、ありがとうございます。

病棟で、ご家族の方への言葉がけをお考えだったのですね。
問題意識をもってお仕事をなさっていますね。

私からは、机上理論や医療者の立場、
研修現場で経験を重ねている立場のアドバイスではなく、
ひとりの人として、
病棟の現場に
長年、実際にいた家族側からのヒントをお伝えしました。

皆さまのお仕事は、人相手のお仕事で、
いろいろなケースがあります。

患者家族側・職員側のお互いが大変な状況があることも、
他のご家族を含めて目の前で見てきていますし、私自身も体感してきています。

医療者の方に、スキルアップとして望むこと。

それは、接遇の基本や応用は、もちろん大切ですが、
医療業界の考え方のみに偏らず、
様々な業種、立場の方の考え方・意見などを聴き、
視野を広げてほしいことです。

そちらから、
気づきが得られます。
応対のヒントがわかります。

皆さまの患者さま・ご家族は、
医療人の方ばかりではなく、
異業種の方が多いのではないでしょうか。

お互いの理解を深める近道。
それは、何かを考えてスキルアップしていきましょう。

そして、 皆さまひとりひとりが病院の顔です。

ぜひ、アンケートにお書きくださっている
お気持ちを大切になさってくださいね。

応援していますよ。


共通テーマ:仕事